足汗 臭い

足の匂い 原因

体臭とは、口臭や便臭を除いて、頭から足の先まで、あらゆるところから発する臭いの総称で、その発生源は3種類あります。
 まずは、独特な臭いが気になるワキガ。これは太古の昔は異性を引きつける信号の役目を果たしていたもので、脇の下や乳輪などに多い“アポクリン腺”という特別な汗腺から出る汗の臭いです。
 
 皮脂は皮膚を守る働きをしていますが、分泌が多すぎると臭いの原因になります。
 これら3つの臭いの組み合わせで、いろいろな体臭が生まれてくるのです。

1日中営業で革靴を履きっぱなし、仕事柄ゴム長靴を履きっぱなし、これでは臭くなってしまいますね。会社の中でサンダルを履いていても臭ってしまうのもかなりの悩みです。この足の臭い、なんとかしなくてはいけません。
汗が原因で足が臭う場合、元は汗のせいでも汗は元来臭いのないものです。様々な要因で結果的に汗が臭ってしまうのです。「エクリン腺」という汗の穴が足の裏にはぎっしりと集まっています。足の裏は汗をかきやすく、たくさんある汗の穴からかなりの汗が排出されます。その汗が足についている雑きんや汚れ、皮脂などが汗に含まれる成分を分解して足が臭ってしまうのです。革靴やブーツを履いていると靴の中は高温にもなり湿気もかなりのものになります。臭いを作る環境としては最高の環境になるのです。ストッキングもナイロン製で通気も悪く、サンダルを履いているのに足が臭ってしまうということになるのです。足の臭いは食事にも関係してきて、脂っこいものを好んで摂っているとエクリン腺の働きに勢いがついてしまい、汗の量が多くなってしまうのです。
足の臭いが強い場合は、足臭汗症といいます。汗腺の分泌物を、皮膚の常在菌が分解した産物が足の臭いのもとです。足の臭いが気になる人は、汗かきの人が多く、足の臭いが強い傾向があり、「わきが」のように遺伝傾向はあまり関係なく、むしろ生活習慣の影響が大きいとされています。
足の臭いの対策はなるべく汗をかかないよう、蒸れないように気をつけ清潔を保つことは当然ですが、制汗剤が効果があります。また、出来るだけコマメに拭き取るのも効果的です。注意しなくてはいけないのは、水虫などの病気も足の臭いを強めますし、糖尿病などでからだの免疫力が低下すると雑菌が繁殖しやすく、足の臭いが強まります。また、偏平足も汗の蒸発が妨げられやすいため、足の臭いの原因となります。

足汗 原因

足汗の年齢

多汗症症状は年齢とともに軽快すると言われています。

確かに60代以上の方が多汗症の悩みをお持ちの型は少ないと言えます。

汗が実際に少なくなる方もいるでしょうが、年齢とともに、多汗症症状とうまく付き合うことができるようになる方が多いのもひとつの要因ではないかと私は考えています。多汗症の患者様をみていると、悩みが最も深刻なのは中高生、大学生という印象を受けます。

若い方は、まだ多汗症体質を受け入れることができなくて、なんとか治そう・人から隠そうともがき苦しんで、ますます多汗症症状を悪化させている場合も多いですし、多汗症症状を隠すためにやりたいことを我慢するなど、生活全般に多汗症が影響してしまっているケースが多いように思います。

多汗症を自分の体質としてあるがままに受け入れるようになるためには、ある程度年齢を重ねる必要ということなのでしょうか。

足汗の症状

足汗の症状となる水泡:異汗症

 夏場に、高温が続くようになると、汗の出方にも変化が起きます。冬は手足がかさかさしている人でも、しっとりしてくるし、もともと汗をかきやすい多汗症の人は、べたつくようになります。
 こんな時期に、手のひらや足の裏の汗の出口を圧迫するような刺激が外から加わると、出口がふさがれて、汗がうまく外に出ていかなくなります。外に出ていけない汗は、表皮内に浸透して炎症を起こし、皮膚には透明な小さな点々や水疱ができます。これが異汗症だ。刺激になるのは、ゴルフや運転など、力を入れて握り締めるような動作などです。そして,手のひらなどにブツブツが表れることがあります。手のひら多汗症や足裏多汗症の方で、指に小さなブツブツができることがあります。
手のひらや足の裏に小さな水疱(すいほう)ができて、皮がむける−。水虫と間違われやすいこの症状は、汗によるもので、菌などの感染によるものではありません。「異汗症」とか「汗疱」と呼ばれる湿疹の一種で、汗が多い方でよく見られますが、アトピー性皮膚炎でみられることもあります。汗がうまく外に出ることができずに、皮膚の中に汗が溜まってしまった状態と考えられています。
 異汗症は、多汗症の人や、自律神経の乱れで汗をかきやすくなっている人に見られる症状で、子供も大人も起きます。皮膚が乾燥する高齢者には少ないのです。初夏から秋にかけて発症することが多く、冬には出ません。毎年、症状が繰り返し出る人もいます。
 症状がまちまちで、かゆみの有無や水疱の大きさは人によって違いがあります。皮がむけるのが気になって自分でむいてしまい、皮膚が薄くなってかさつく人や、痛みを感じる人、炎症が進んで異汗症湿疹(しっしん)になる人もいます。
異汗症・汗疱が炎症を起こして、赤くなったり痒くなったりして手湿疹へ進むこともあります。皮が剥けると水虫と間違われやすくなりますが、水虫とは全く別物です。異汗症・汗疱はステロイドの塗り薬で痒みや赤みがおさまって早く治ります。

<<前の3件  1 2  



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。