足汗 臭い

足汗と雑菌による匂い

足汗自身は匂いはありませんが,雑菌と混じって臭い匂いを発します。
雑菌は、酸性よりアルカリ性のときのほうが繁殖しやすいという性質があります。ふつう皮膚表面は弱酸性ですが、大量に汗をかくとアルカリ性に傾き、雑菌が繁殖し、すえたニオイが強くなっていきます。
 さらに、体内に乳酸がふえると、汗に含まれる尿素とアンモニアが急激にふえ、汗臭さに強烈なアンモニア臭がプラスされます。
 人間は、通常体内の“クエン酸回路”というシステムでエネルギーを生み出しているのですが、末梢血管の循環が悪くなって酸欠になったり、食事のバランスが崩れたり、ストレスが重なってくると、クエン酸回路ではなく、糖を消費する解糖系が働き、汗の中に乳酸が増え、アンモニア臭の原因になるのです。
 加えて動物性の脂肪をとりすぎると、皮脂腺の活動が活発になりすぎ、皮脂腺の中にとどまって酸化し始め、過酸化脂質を増やして不快なニオイを発生させます
さまざまな臭いがまじり合った体臭を解消するには、雑菌の繁殖を抑え、血行をよくして、クエン酸回路を正常に働かせることがポイントとなります。
 そのためには、風呂の湯に醸造酢または黒酢を入れて入浴する酢風呂が有効です。ふつうの酢なら180リットルの湯にコップ1杯、黒酢ならおちょこ1杯で十分です。
 酢の主成分、クエン酸には殺菌作用があるうえ、皮膚表面を酸性に保つため、雑菌の繁殖が抑えられます。
 また、クエン酸の一部は汗腺から吸収されますし、入浴によって血行がよくなり、相乗効果でクエン酸回路を促進し、乳酸の生成を抑えるので、強烈なアンモニア臭も解消できます。
 ぬるめの湯に長くはいるのは体のためにはよいのですが、皮膚がふやけて発汗しにくくなります。長湯をするなら、塩大さじ1から2杯加えて浸透圧を高めると、皮膚がふやけるのを防げます。
 酢風呂を1週間もつづけると、不快な汗の臭いが心地よい匂いに変わっていくでしょう。
2つ目は全身の皮膚にある“エクリン腺”という汗腺から、体温調節のためなどに出る汗の臭いです。いわゆる“汗臭さ”ですが、発汗が多いと不快な体臭になります。
 3つ目は、皮脂腺から出る皮脂の臭い。
これらを押えることができたら足の匂いを押えることができます。
多汗症・足汗についてはいろいろ悩んでいる人は多いようです。

足汗 対策

足汗 臭い匂い対策

切開部分はわきのシワに沿って1センチほど切開します。

二重切開法などと同じような切開技術と特殊縫合糸を使用することにより、顔にできても目立たない傷がわきにできる程度です。

まず通常の人がみても傷跡がわからなくなります。

もちろん、肝心のワキガ・多汗症は汗や臭いの原因であるアポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺を根こそぎ取り除きます。

だから 治療直後よりお悩みは解決され、永久的に再発の心配もありません。

足汗 治療

足汗の治療

足汗を防ぐ治療はいくつかあります。

一つは切開方法,もう一つはボトックスです。
切開方法は永遠的ですが,結構 時間がかかったりして大変です。

それに対してボトックス方法は注入するだけで,簡単なのですが,逆に 時間がきたら薬剤が散ってしまうので,大体 6週間程度しか効果がありません。

  1 2  次の3件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。